ピアノの練習が楽しくない原因?!

ピアノは弾けるようになると楽しいけれど、
弾けるようになるまでの過程が楽しくない…
練習が嫌い…
なんてよく聞きますが皆様もそうですか?

練習が楽しくない原因はなんでしょうか?

・楽譜を読むのが苦手…
・同じことを何度も練習するのが苦手…

大体このへんですかねぇ、
他にもありますか?
私に教えてください!

今日は楽譜を読むのが苦手、についてです。
楽譜を読むことっていうのは、あいうえおを覚えるのと同じようなことだと私は思うのです。
皆様小さな子供の頃どうやってあいうえお50音覚えましたか?
目についた興味のあるものを指差して、これはなに?とお母さんに聞いて、
一つずつ一緒に声を出して覚えませんでしたか?
そして、それをノートに何度も書くようになって、
「む、か、し、む、か、し、あ、る、と、こ、ろ、に…」
ってバラバラだったのが、
「むかし、むかし、あるところに…」
とスラスラ読めるようになったのではないでしょうか?
楽譜が読めるようになるためには、
日々、少しずつ練習する積み重ねが大切だと思います。

誰にでも苦手なことはあります。
個人差がないもの、なんてないんじゃないかな、と思います。
運動が得意な子、
国語が苦手な子、
算数が得意な子…
楽譜に書かれた音符がすぐ理解できる子もいれば、難しくてなかなかできない子だっています。

みんなそれぞれですね。
それでいいし、それがいいんです。

楽譜を読むのが苦手であれば、
一緒に難しくなくなるまでトレーニングしましょう!
どんどん弾けるようになりたい、と先を急いて難しくて嫌いになるより、
ゆっくりでも楽に読めるようになって楽しい方が、
いいと思いませんか?

トライトーンではお一人お一人に合わせて、
楽しくレッスンしています。
一度挫折された方も是非ご相談ください。

コース詳細、お申し込みはこちら

おすすめ

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です